看護師

東京の美容外科で二重手術を受けよう|ばれないポイントについて

  1. ホーム
  2. 二重整形の埋没法と切開法

二重整形の埋没法と切開法

カウンセリング

切開方法について

東京の美容外科で二重手術を行なう際には、埋没法と切開法の二種類があります。この二つの手術方法には、どのような違いがあるのでしょうか。二つの手術のメリットやデメリットについて紹介していきます。東京の美容外科で行なっている二重整形手術の一つである切開方法は、まぶたの上に肉がついて腫れぼったい目の印象を変えることができます。この手術を受けることで半永久的に二重の目を手に入れることが出来ることが切開方法のメリットの一つといえます。しかしデメリットもあり、理想の形でなかった場合、元に戻すことが難しくなる場合があります。また、費用が高くなりダウンタイムにも時間がかかってしまうことがあります。この手術に向いている方は、まぶたに肉がついている腫れぼったい方や、ぱっちりとした二重になりたい方におすすめの手術方法といえます。

埋没方法について

東京の美容外科で、おすすめの二重整形手術である埋没方法は、なんといってもメスを使用しない手術方法であるため、傷跡が残ることがありません。そのため痛みや腫れが少なくダウンタウンが短いのでメイクをすぐにすることができます。周囲にばれないためには、メイクでごまかすことで分かりにくくなるので、埋没法の手術のメリットの一つといえます。糸を使用する手術なので気に入らない形だった場合は、簡単に元に戻すことができます。また費用も他の手術より安いので、手軽に手術を受けてみたい方にはおすすめの手術といえます。デメリットとなる部分は、糸が切れてしまうことによって元に戻ってしまうこともあります。しかし埋没法は、手術方法が手軽、ダウンタイムが短い、もしもの時でも簡単に元に戻すことができるので二重手術を受けたい方はこちらを検討してみるといいでしょう。目にコンプレックスを持っている方は、東京の美容外科へカウンセリングを受けてみることをおすすめします。