看護師

東京の美容外科で二重手術を受けよう|ばれないポイントについて

  1. ホーム
  2. まぶた脂肪吸引

まぶた脂肪吸引

相談

人と話しているときに自然と目に行く場所は、目元ですよね。あなたが目にコンプレックスを持っていたら、なかなか相手の目を見ることが出来ないという方もいるのではないでしょうか。最近では、まぶたの脂肪に悩んでいる女性が多くいます。まぶたが腫れぼったいと、目が小さく見えてしまい、アイメイクもなかなか思うようにいかない方も多く、まぶたがたるんでいることで老けて見られがちです。そんな悩みの一つでもある、まぶたの腫れぼったさを解消するには、まぶたの脂肪除去がおすすめです。東京の美容外科では、まぶたの脂肪除去を行なっているところたくさんあります。まぶたの脂肪除去はとても簡単に行なうことができます。目の施術方法となると、少々怖い印象がありますが、東京の美容外科では初めに目薬タイプの麻酔を眼にさして感覚を鈍らせていきます。そのあとに、局所麻酔の注射をして、まぶたの脂肪吸引を行なっていきます。麻酔の注射も、「想像していた以上に痛くない」と感じているかたが多く安心して、施術に臨むことができます。施術後の痛みも気になるところですが、麻酔が切れても少しの痛みがでるだけで、処方された痛み止めで抑えることができます。東京の美容外科で、まぶたの脂肪吸引をした方は痛みなく施術を終えた方が多いようです。また、気になるダウンタイムですが手術後はしっかり目元を冷やし腫れを冷やしていきます。手術後5日間は冷やしておくといいでしょう。当日に帰宅することができるのも、まぶたの脂肪吸引のメリットです。また、施術時間も30分から1時間ほどでできるのも手軽でおすすめです。まぶたの脂肪で、目の腫れぼったさに悩んでいる方は一度、東京の美容外科に相談してみましょう。