看護師

東京の美容外科で二重手術を受けよう|ばれないポイントについて

  1. ホーム
  2. ふくらはぎ脂肪吸引

ふくらはぎ脂肪吸引

婦人

ショートパンツや、水着で足を見せる季節になってきました。しかし、ダイエットしていても、足は脂肪が落ちにくくお腹の脂肪は落ちたのに・・・と悩みの原因の一つになります。特に、ふくらはぎは太いと、ヒールをかっこよく履くこともできません。ふくらはぎは、足が細い方でも浮腫みやすいと、太く見える原因になります。ふくらはぎの脂肪で悩んでいる方は、東京の美容外科で、脂肪吸引をしていきましょう。ここで東京の美容外科で行なわれている脂肪吸引の施術方法について説明していきます。初めに、皮膚を切開する場所に麻酔を打ちます。皮膚を切開した後は、チューメント液を注入していきます。このチューメント液は、脂肪を柔らかくすることで、脂肪吸引をしやすいように打っていきます。そのあとは吸引管で、脂肪を取り除いていきます。施術時間は30分から1時間と、短い時間で行なうことができます。切開した傷口を縫合すれば終了です。手術後は足を圧迫する必要があります。圧迫するものは、靴下のようなので違和感なく着用することができます。痛みは3日ほど続きますが、痛み止めを飲んで抑えるようにしていきましょう。脂肪吸引後は、腫れやあざ、浮腫みなどの症状が現れますが一時的なものなので、安心して大丈夫です。ふくらはぎの脂肪吸引では、他の吸引場所と比べると、見た目では脂肪吸引したのか分かりづらいことがありますが、ふくらはぎは筋肉が付きやすい箇所であることも理由の一つです。しかし、ふくらはぎの脂肪吸引を行なうことで、いつも悩まされていた浮腫みも出にくくなります。浮腫みにくい足を作ることで、足が細くみえます。ふくらはぎは、脂肪がなくなることで血流が良くなります。その結果として、浮腫みにくい足を作ることが出来るのです。東京の美容外科で施術を受けることで、ふくらはぎの太さの悩みを解消することが出来ます。東京の美容外科では、無料でカウンセリングを受けることもできるので、気になる方はカウンセリングを受けてみましょう。